うつ病で困ったら公的な無料相談を利用しましょう!

うつ病になると日常生活に支障がでて、経済的な負担も不安材用となります。
まずは無料うつ病相談を利用しましょう。
都道府県、市町村などには相談窓口があります。
またフライバシーの配慮もしっかりしているので個人情報がもれる心配もありません。
それと無料、匿名でかまいません。
個人的な経験ですが、最近「役所」というところは以前の「お役所」というイメージではありません。そこいらのサービス業よりとても親切、丁寧です。
公務員は公務員で危機感をもって仕事にのぞんでいるようです。
たしかに安定の象徴だった公務員のイメージはくずれつつありますからね。
早速電話をかけてみましょう。
どんなことでもいいので話してみましょう。
相談した印象がよくて、是非会って相談してみたいと思うのであれば外出を兼ねて相談にいきましょう。
いい出会いになるかも知れませんよね。
つまり、“感じがよければ”でいいと思います。
相手から会うことを進められたものの、電話で相談してみてあまりいい感じでなければ会いに行くこと自体が苦痛になってしますので無理をする必要はありません。
役所を利用するメリットはうつ病それ自体の相談だけではなく国、公共機関のうつ病支援内容の情報を紹介してもらえるとのことです。
うつ病の治療には時間を要します。そのため健康保険の対象になることや、経済的な負担を軽減する制度がありますので確認することができれば
今後の安心して治療に専念できますよね。

Posted in その他 | コメントは受け付けていません。